特殊用途機、無人機

特殊用途機、無人機 特殊用途・無人機

偵察などの特殊な用途に使われる機体や無人機の記事をまとめています。

MQ-1プレデター  RQ-4グローバルホーク  MQ-9リーパー  XQ-58Aヴァルキリー  MQ-25™スティングレイ

E-3セントリー  E-7ウェッジテイル

SR-71ブラックバード  U-2ドラゴンレディ

T-7Aレッドホーク  T-38タロン

無人機も偵察専用機からマルチロール対応となっています。

すでに退役していますが世界最速と最高高度の記録を持つSR-71ブラックバード、今でも使われているU-2ドラゴンレディの設計やモノづくりは、専用の燃料も開発したSR-71、世界一操縦が難しいU-2と凝っているなと思います。

無人機

無人機も偵察専用機から戦闘機の様なマルチロール機もあります。

AIの利用や有人戦闘機からのコントロールなど最新技術が使われるようになっています。

MQ-1プレデター(Predator):偵察型RQ-1から改称された中高度無人機
MQ-1プレデター(Predator)は、マルチロール(多用途)対応の中高度無人機です。当初は偵察型のRQ-1でしたが、ヘルファイア空対地ミサイルを搭載してMQ-1に改称されました。主に米国空軍のWebサイトの情報からMQ-1プレデター(Predator)について説明します。
MQ-9リーパー(Reaper):マルチロール(多用途)の遠隔操縦型無人機
MQ-9リーパー(Reaper)は、米国空軍のマルチロール(多用途)対応の遠隔操縦型無人機です。主に米国空軍のWebサイトの情報からMQ-9リーパー(Reaper)について説明します。
RQ-4グローバルホーク(Global Hawk):高高度対応無人偵察機
RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)は、遠隔操縦型の高高度無人偵察機です。航空自衛隊にも導入されています。主に米国空軍のWebサイトの情報からRQ-4グローバルホークについて説明します。
XQ-58Aヴァルキリー(Valkyrie):有人機連携可能な第1世代のAI無人機
XQ-58Aヴァルキリー(Valkyrie)は、KRATOS社の自律型低コストの戦術無人機です。複数の無人機や有人機と組み合わせた運用など、海兵隊の任務を支援する(AIなどを含む)技術や新たなコンセプト開発のテストベッド・プラットフォームとして使われています。
MQ-25™スティングレイ:空母で運用できる無人空中給油機
MQ-25™スティングレイ(Stingray)は、現在開発中の米国海軍の空母搭載型無人機です。空母艦隊の艦載機への空中給油が主たる役割となっています。MQ-25™スティングレイについて、米国海軍の情報を主に説明します。

早期警戒管制機

巨大な円盤(レーダー)がシンボルのAWACSから、最新の早期警戒管制機はAEW&Cとなりましたが、特徴的な外観は引き継がれています

E-3セントリー:円盤型レーダードーム搭載の早期警戒管制機(AWACS)
E-3セントリー(Sentry)は早期警戒管制機(AWACS)で、旅客機を改造した機体に巨大な円盤(レーダー)を背負った特徴的な外観です。主に米国空軍のWebサイトの情報から戦場の詳細な情報をリアルタイムに把握することができるE-3セントリーについて説明します。
E-7ウェッジテイル:回転しないレーダー搭載の早期警戒管制機(AEW&C)
E-7ウェッジテイルは、早期警戒管制機(AWACS)E-3セントリーの後継機です。E-3セントリーは巨大な回転するレーダーを搭載していますが、E-7ウェッジテイルは回転しない板状のMESAレーダーです。米国空軍のWebなどの情報からE-3セントリーについて説明します。

偵察機

偵察に特化すると高高度での飛行が可能になります。

宇宙から衛星による偵察が可能な現在でも、有人の偵察機が必要な場面はあるようです。

SR-71ブラックバード:最高速度マッハ3世界最速のジェット機
SR-71ブラックバード(Blackbird)は米国空軍の偵察機です。世界最速のマッハ3.2、25,000m超の高高度を飛行可能でNASAでも使われました。沖縄で旋回しながら降りていく姿を思い出します。米国空軍とNASAのWebサイトの写真でSR-71ブラックバードを紹介します。
U-2ドラゴンレディ:見た目は黒いグライダーみたいな高高度偵察機
高高度偵察機には、無人機のRQ-4グローバルホーク(Global Hawk)と有人のSR-71ブラックバードとU-2ドラゴンレディがあります。U-2ドラゴンレディについて主に米国空軍のWebサイトの情報から写真を使って説明します。

訓練機

最新鋭の戦闘機や戦略爆撃機のパイロットも最初は訓練機の操縦からはじめます。

T-7Aレッドホーク:戦闘機や戦略爆撃機パイロットの次世代訓練機
T-7Aレッドホーク(Red Hawk)はT-38Cタロン後継の次世代訓練機です。最新の戦闘機や戦略爆撃機を操縦するパイロットも、最初はシミュレータや練習機から訓練をはじめます。T-7Aレッドホークについて、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
T-38タロン:アグレッサーにも使われる双発の超音速ジェット練習機
T-38タロン(Talon)は双発の超音速ジェット練習機です。優れた設計、高い性能と安全性、メンテナンスを含む経済性にも優れ、アグレッサー(対抗部隊)などにも使われています。T-38タロンについて、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。

パイロットは操縦だけではありません、工学的な知識や気象なども知らないと飛べません。

小型航空機の工学的知識の参考にFAAのパイロットハンドブック日本語版
米国では航空機は、身近にある乗り物です。航空機の基本的な構造や操縦について知る参考資料として、FAA(アメリカ連邦航空局)のパイロット・ハンドブックと、最新版ではありませんが国土交通省の日本語に訳された資料について説明しています。

スポンサーリンク
無人機

XQ-67A:第2世代の自律型AI無人機プラットフォーム

第1世代のAI無人機XQ-58Aヴァルキリーは低コストも目指していました。第2世代のAI無人機XQ-67Aは、様々なミッションに共通プラットフォームにセンシングやウェポンステーションで対応します。主に米国空軍のWebサイトの情報からXQ-67Aについて説明します。
無人機

MQ-4Cトライトン:海上のISR能力を備えるRQ-4グローバルホーク姉妹機

MQ-4Cトライトン(Triton)は、高高度無人偵察機RQ-4グローバルホークの姉妹機で、海上での運用に適した改修により、統合化されたセンサーによる情報・監視・偵察能力を備えています。主に米国海軍のWebサイトの情報からMQ-4Cトライトンについて説明します。
艦載機

E-2Dアドバンスト・ホークアイ:空母艦隊の早期警戒艦載機

E-2Dアドバンスト・ホークアイ(Advanced Hawkeye)は、空母艦隊の早期警戒機です。E-3セントリー早期警戒管制機(AWACS)の様に、背中に巨大な円盤(レーダー)のある特徴的な外観です。主に米国海軍のWebサイトの情報から写真を使い説明します。
無人機

MQ-25™スティングレイ:空母で運用できる無人空中給油機

MQ-25™スティングレイ(Stingray)は、現在開発中の米国海軍の空母搭載型無人機です。空母艦隊の艦載機への空中給油が主たる役割となっています。MQ-25™スティングレイについて、米国海軍の情報を主に説明します。
無人機

XQ-58Aヴァルキリー(Valkyrie):有人機連携可能な第1世代のAI無人機

XQ-58Aヴァルキリー(Valkyrie)は、KRATOS社の自律型低コストの戦術無人機です。複数の無人機や有人機と組み合わせた運用など、海兵隊の任務を支援する(AIなどを含む)技術や新たなコンセプト開発のテストベッド・プラットフォームとして使われています。
偵察機

TU-2S 1078:白銀のドラゴンレディ、世界一操縦の難しいU-2の訓練機

有人の高高度偵察機U-2ドラゴンレディは、グライダーの様な黒い機体で世界一操縦が難しいといわれています。塗装前の機体で飛行する訓練機TU-2S Silver Dragonが現れました。米国空軍のWebサイトの情報からTU-2S 1078 Silver Dragonについて説明します。
早期警戒管制機

E-7ウェッジテイル:回転しないレーダー搭載の早期警戒管制機(AEW&C)

E-7ウェッジテイルは、早期警戒管制機(AWACS)E-3セントリーの後継機です。E-3セントリーは巨大な回転するレーダーを搭載していますが、E-7ウェッジテイルは回転しない板状のMESAレーダーです。米国空軍のWebなどの情報からE-3セントリーについて説明します。
早期警戒管制機

E-3セントリー:円盤型レーダードーム搭載の早期警戒管制機(AWACS)

E-3セントリー(Sentry)は早期警戒管制機(AWACS)で、旅客機を改造した機体に巨大な円盤(レーダー)を背負った特徴的な外観です。主に米国空軍のWebサイトの情報から戦場の詳細な情報をリアルタイムに把握することができるE-3セントリーについて説明します。
訓練機

T-38タロン:アグレッサーにも使われる双発の超音速ジェット練習機

T-38タロン(Talon)は双発の超音速ジェット練習機です。優れた設計、高い性能と安全性、メンテナンスを含む経済性にも優れ、アグレッサー(対抗部隊)などにも使われています。T-38タロンについて、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
訓練機

T-7Aレッドホーク:戦闘機や戦略爆撃機パイロットの次世代訓練機

T-7Aレッドホーク(Red Hawk)はT-38Cタロン後継の次世代訓練機です。最新の戦闘機や戦略爆撃機を操縦するパイロットも、最初はシミュレータや練習機から訓練をはじめます。T-7Aレッドホークについて、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました