小型機:第5世代、第4.5世代、第4世代及び艦載機

小型機:第5世代、第4.5世代、第4世代及び艦載機 小型機

小型機を開発された世代や用途に分けてまとめています。

  • 第5世代は、いわゆるステルス機です。
  • 第4世代は、ステルス前の機体です。
  • 第4.5世代は、第4世代機を改修によりアビオニクスを一新するなどして第5世代に近づいた機体です。
  • 艦載機は、空母で運用される機体で、映画トップガンのように空母カタパルトで発艦する機体と、短距離離陸や垂直着陸可能な機体とがあります。

現在の小型機は、様々な任務に対応できるだけでなく、様々な情報をリンクし活用する情報システムの一部でもあるため。マルチロール機と呼ばれています。

スポンサーリンク

開発中のF-15EXイーグルII最新情報

F-15EXイーグルIIは、現役最強の戦闘機といわれるF-15Eストライクイーグルの後継機です。

F-15EXイーグルII:最強の戦闘機F-15イーグルの後継機
F-15イーグルは、初飛行からおよそ半世紀を経てのリニューアル(近代化)です。ちなみに航空自衛隊へのF-15初号機納入は1981年、すでに40年以上です。F-15EXイーグルIIについて、米国空軍とボーイング社のWebサイト情報から写真を使い説明します。

F-15EXイーグルIIは、米国禹軍による運用試験が進んでいます。最新情報は、以下の記事をご参照ください。

F-15EXイーグルIIニュース:開発から現在まで
2021年2月の初飛行2023年7月現在、F-15EXイーグルIIは量産機による運用試験実施中です。米国空軍のWebサイトの情報から、F-15EXイーグルII開発の進捗状況をまとめています。
F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着
2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。

第5世代ステルス機

F-22ラプターはまさにステルス機であり、機体の飛行性能に加え戦域を支配する能力を持ちます。

F-35シリーズは、最新のアビオニクスを備えたステルス機なのですが、ステルス性よりも物量を重視したビーストモードによる運用もあり、まさにマルチロール機といえます。

新しい戦いを実現したF-22ラプター、次世代ステルス戦闘きとして標準的なF-35AライトイングII、短距離離陸/垂直着陸可能はF-35B、艦載機F-35C、そして世界初のステルス機F-117ナイトホークについてまとめています。

最新の第5世代ステルス機
第5世代は、ステルス機ともよばれるマルチロール機です。 上図の写真は、上側がF-35AライトニングII、下側がF-22ラプターです。 出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像 ステルス機...

第4世代マルチロール戦闘機

第4世代と第4.5世代の戦闘機を比べてみると、外観上の大きな変化はありませんが、中身は別物です。

第4.5世代機は、F-15EXイーグルIIアドバンストイーグルF-15QAの他、F-2支援戦闘機が該当するようです。

第4世代機は、F-15EストライクイーグルF-16ファイティング・ファルコンや近接航空支援機A-10サンダーボルトIIについてまとめています。

第4世代と第4.5世代のマルチロール機
第4世代戦闘機は、ステルス性こそ第5世代戦闘機よりは見劣りしますが、今でも現役で運用されている戦闘機です。 上図の写真は、右からA-10サンダーボルトII、F-15EXイーグルII、F-16ファイティング・ファルコン、F-15イーグルが2機...

艦載機(海軍機)

トップガンで有名なF-14トムキャットも、F/A-18スーパーホーネットも海軍の戦闘機(マルチロール機)です。

現在、艦載機は、ステルスで超音速のSTOVL機F-35BライトニングII空母カタパルト対応のF-35CライトニングIIに移行が進められています。空母カタパルト技術などを含めまとめています。

空母で運用される艦載機(海軍機)
艦載機は、米国海軍や海兵隊で運用されている機体です。 上図の写真は、空母Carl Vinson(CVN 70)とRonald Reagan(CVN 76)、左側に小さく見えているのがF-35CライトニングIIです。 出典:US NAVY(米...

映画トップガン2台目の主役機F/A-18スーパーホーネット、F/A-18スーパーホーネット・ファミリーの電子戦機EA-18Gグラウラーは、空母を中心に艦隊で運用されます。

訓練機

ステルス機や戦略爆撃機のパイロットもはじめはジェット機の初心者です。

訓練機も個性的です。

最新の訓練機T-7Aレッドホーク

T-7Aレッドホーク:戦闘機や戦略爆撃機パイロットの次世代訓練機
T-7Aレッドホーク(Red Hawk)はT-38Cタロン後継の次世代訓練機です。最新の戦闘機や戦略爆撃機を操縦するパイロットも、最初はシミュレータや練習機から訓練をはじめます。T-7Aレッドホークについて、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。

アグレッサーもこなすT-38タロン

T-38タロン:アグレッサーにも使われる双発の超音速ジェット練習機
T-38タロン(Talon)は双発の超音速ジェット練習機です。優れた設計、高い性能と安全性、メンテナンスを含む経済性にも優れ、アグレッサー(対抗部隊)などにも使われています。T-38タロンについて、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。

空母カタパルト発艦対応のT-45ゴスホーク

T-45ゴスホーク:艦載機パイロットの空母のカタパルト発艦対応訓練機
T-45ゴスホーク(Goshawk)は、艦載機パイロットの空母のカタパルト発艦に対応したジェット練習機です。 海軍の空母や海兵隊の強襲揚陸艦のパイロットが対象となります。T-45ゴスホークについて、米国海軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。

 


 

スポンサーリンク
第5世代ステルス

F-35CライトニングII:艦載機だからこそ物量重視のビーストモード

第5世代ステルス機F-35ライトニングIIは、空軍機のF-35A、短距離離陸/垂直着陸(STOVL)のF-35B、空母からのカタパルト発艦可能なF-35Cの3機種です。ステルス性よりも攻撃力を重視したF-35CライトニングIIのビーストモードについて、写真を使い説明します。
訓練機

T-45ゴスホーク:艦載機パイロットの空母のカタパルト発艦対応訓練機

T-45ゴスホーク(Goshawk)は、艦載機パイロットの空母のカタパルト発艦に対応したジェット練習機です。 海軍の空母や海兵隊の強襲揚陸艦のパイロットが対象となります。T-45ゴスホークについて、米国海軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
艦載機

E-2Dアドバンスト・ホークアイ:空母艦隊の早期警戒艦載機

E-2Dアドバンスト・ホークアイ(Advanced Hawkeye)は、空母艦隊の早期警戒機です。E-3セントリー早期警戒管制機(AWACS)の様に、背中に巨大な円盤(レーダー)のある特徴的な外観です。主に米国海軍のWebサイトの情報から写真を使い説明します。
第5世代ステルス

F-35BライトニングII:艦載機もステルスより物量重視ビーストモード

ステルス機F-35BライトニングIIは、ミサイル等の武装をウェポンベイに格納します。ビーストモード(Beast Mode)とは、ステルス性よりも攻撃力(ミサイル等の物量)を重視した形態です。F-35BライトニングIIのビーストモードについて説明します。
艦載機

AV-8BハリアーII:海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機

AV-8BハリアーIIは、米国海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機です。2024年現在F-35BライトニングIIの配備が進められており、間もなく現役引退となるAV-8BハリアーIIについて、主に米国海軍と海兵隊のWebサイトの情報から写真を使い説明します。
最新の開発情報

F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着

2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。
艦載機

F-14トムキャット:初代トップガン主役機可変翼と長距離ミサイル搭載

F-14トムキャットは、米国海軍の空母艦載機です。すでに退役していますが、強力なレーダーと長距離ミサイルによる強力な攻撃力、可変翼のメカニズムと美しい機体形状を持ちます。主に米国海軍のWebサイトとNational Museum(米国海軍)の写真で紹介します。
第4世代戦闘機

F-15QAアドバンストイーグルはF-15E(ストライク)以上イーグルII未満

2023年11月Dubai Airshow 2023でF-15QAのデモ・フライトがありました。ボーイング社のWebサイトのニュース・リリースから、F-15Eストライクイーグルでもなく、F-15EXイーグルIIでもない、カタール空軍向けF-15QAアドバンストイーグルについて説明します。
第4世代戦闘機

F-2支援戦闘機:F-16ベースだが一回り大きく似て非なる支援戦闘機

F-2支援戦闘機(F-2 Support Fighter)は、F-16ファイティング・ファルコンをベースに日米共同開発により生まれた航空自衛隊の多用途戦闘機です。F-2について、MISAWA AIR BASE(米国空軍)の写真と、航空自衛隊と三菱重工のWebサイトの情報を使い説明します。
第5世代ステルス

F-117ナイトホーク:今も現役スカンクワークスが作った初代ステルス

世界初のステルス機として実戦投入されたF-117ナイトホーク(Nighthawk)は、平面が際立つ独特の外観です。すでに退役となっていますが、2023年5月のノーザン・エッジ23などで今でも飛んでいます。スカンクワークスが開発したF-117ナイトホークを紹介します。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました