空母で運用される艦載機(海軍機)

空母で運用される艦載機(海軍機) 艦載機

艦載機は、米国海軍や海兵隊で運用されている機体です。

上図の写真は、空母Carl Vinson(CVN 70)とRonald Reagan(CVN 76)、左側に小さく見えているのがF-35CライトニングIIです。

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイトからの画像(加工しています)

初代トップガンの主役機はF-14トムキャットでしたが、2代目トップガンの主役機はF/A-18スーパーホーネットです。

米国海軍の主流は、F/A-18スーパーホーネットから、F-35CライトニングIIに代わっていくようです。海兵隊の運用する強襲揚陸艦には空母カタパルトがないため、AV-8BハリアーIIからF-35BライトニングIIに代わっています。

ステルスの艦載機F-35BとF-35CライトニングII

F-35Bは海兵隊の艦載機として、F-35CライトニングIIは空母艦載機として運用されています。

F-35B:世界で唯一の超音速・短距離離陸/垂直着陸(STOVL)・ステルス
F-35AライトニングIIは、最新の第5世代戦闘機で優れた空力性能とアビオニクスを備えたステルス機です。F-35にはF-35AとF-35Cにない短距離離陸/垂直着陸(STOV)可能なF-35について主に米国海軍と海兵隊Webサイトの情報から写真を使い説明します。
F-35CライトニングII:主翼を畳める超音速のステルス艦載機
F-35AライトニングIIは、優れた空力性能と統合アビオニクスを備える次世代のステルス機です。F-35シリーズには、空軍仕様のF-35A、艦載機のF-35C、垂直離着陸可能なF-35Bがあります。F-35Cについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。

艦載機F/A-18スーパーホーネット・ファミリー

空母艦載機は、攻撃及び艦隊防衛用の戦闘機に加え電子戦機も必要になりますが、これをF/A-18スーパーホーネットと、ファミリー機のEA-18Gグラウラーに代わっています。

F/A-18スーパーホーネット:映画トップガン2代目の艦載機
映画トップガン2作目の主役機F/A-18スーパーホーネットは、米国海軍の艦載機です。ファミリー機として電子戦機EA-18Gグラウアーも運用されています。F/A-18スーパーホーネット空母での発着艦運用など、米国海軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
EA-18Gグラウラー:F/A-18スーパーホーネット・ファミリーの電子戦機
EA-18Gグラウラー(Growler)は、F/A-18スーパーホーネットのファミリー機で電子戦に特化した艦載機です。武装は自衛用の最小限に抑え、対電子戦用のレーダーや対レーダーシステムなどを搭載しています。米国海軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。

垂直離着陸可能な海兵隊の艦載機

海兵隊の強襲揚陸艦には、空母カタパルトがないため求められたAV-8BハリアーIIと後継機F-35BライトニングII、ホバリングができるジェット機です。

垂直離着陸(VTOL)機AV-8BハリアーIIには、AV-8Aを改修機でのNASAの成果が活きています。

AV-8BハリアーII:海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機
AV-8BハリアーIIは、米国海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機です。2024年現在F-35BライトニングIIの配備が進められており、間もなく現役引退となるAV-8BハリアーIIについて、主に米国海軍と海兵隊のWebサイトの情報から写真を使い説明します。
AV-8BハリアーIIの垂直離着陸(VTOL)と機体の姿勢制御の仕組み
AV-8BハリアーIIは、米国海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機で、2024年現在、F-35BライトニングIIの配備が進められています。垂直離着陸(VTOL)機AV-8BハリアーIIが、どの様に姿勢を制御しているかについて説明します。

音速超えのステルス艦載機F-35BライトニングII、短距離離陸と垂直着陸が可能です。

F-35B:世界で唯一の超音速・短距離離陸/垂直着陸(STOVL)・ステルス
F-35AライトニングIIは、最新の第5世代戦闘機で優れた空力性能とアビオニクスを備えたステルス機です。F-35にはF-35AとF-35Cにない短距離離陸/垂直着陸(STOV)可能なF-35について主に米国海軍と海兵隊Webサイトの情報から写真を使い説明します。

トップガンといえば外せないF-14トムキャット

F-14トムキャット:初代トップガン主役機可変翼と長距離ミサイル搭載
F-14トムキャットは、米国海軍の空母艦載機です。すでに退役していますが、強力なレーダーと長距離ミサイルによる強力な攻撃力、可変翼のメカニズムと美しい機体形状を持ちます。主に米国海軍のWebサイトとNational Museum(米国海軍)の写真で紹介します。

隠れた優れもの空母カタパルト

空母カタパルトは、目立ちませんが技術的にも運用的にも優れたシステムです。

隠れた最先端技術、米国の航空母艦のカタパルトによる発艦
これからの空母艦載機がF-35ライトニングIIシリーズ、カタパルト運用可能なF-35Cと短距離離陸/垂直着陸可能なF-35Bです。カタパルトによる発艦とアレスティング・フックによる着艦及びカタパルトについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。

カタパルトによりパイロットや機体に加わる力(荷重)について説明します。

空母のカタパルトによる発艦を高校物理の等加速度運動の式で計算する
空母のカタパルトは、約30トン(30,000kg)の艦載機を約100mで一気に加速させ射出します。パイロットにとっては2秒ほどで停止状態から空中に放り出されるイメージです。高校物理の等加速度運動をカタパルトに当てはめ加速度の計算について説明します。

 

スポンサーリンク
艦載機

AV-8BハリアーII:海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機

AV-8BハリアーIIは、米国海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機です。2024年現在F-35BライトニングIIの配備が進められており、間もなく現役引退となるAV-8BハリアーIIについて、主に米国海軍と海兵隊のWebサイトの情報から写真を使い説明します。
艦載機

F-14トムキャット:初代トップガン主役機可変翼と長距離ミサイル搭載

F-14トムキャットは、米国海軍の空母艦載機です。すでに退役していますが、強力なレーダーと長距離ミサイルによる強力な攻撃力、可変翼のメカニズムと美しい機体形状を持ちます。主に米国海軍のWebサイトとNational Museum(米国海軍)の写真で紹介します。
艦載機

F-35B:世界で唯一の超音速・短距離離陸/垂直着陸(STOVL)・ステルス

F-35AライトニングIIは、最新の第5世代戦闘機で優れた空力性能とアビオニクスを備えたステルス機です。F-35にはF-35AとF-35Cにない短距離離陸/垂直着陸(STOV)可能なF-35について主に米国海軍と海兵隊Webサイトの情報から写真を使い説明します。
艦載機

F-35CライトニングII:主翼を畳める超音速のステルス艦載機

F-35AライトニングIIは、優れた空力性能と統合アビオニクスを備える次世代のステルス機です。F-35シリーズには、空軍仕様のF-35A、艦載機のF-35C、垂直離着陸可能なF-35Bがあります。F-35Cについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。
艦載機

EA-18Gグラウラー:F/A-18スーパーホーネット・ファミリーの電子戦機

EA-18Gグラウラー(Growler)は、F/A-18スーパーホーネットのファミリー機で電子戦に特化した艦載機です。武装は自衛用の最小限に抑え、対電子戦用のレーダーや対レーダーシステムなどを搭載しています。米国海軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
艦載機

F/A-18スーパーホーネット:映画トップガン2代目の艦載機

映画トップガン2作目の主役機F/A-18スーパーホーネットは、米国海軍の艦載機です。ファミリー機として電子戦機EA-18Gグラウアーも運用されています。F/A-18スーパーホーネット空母での発着艦運用など、米国海軍のWebサイトの情報を主に写真を使い説明します。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました