博士のテクニカルレポート

博士のテクニカルレポート 博士のテクレポ

航空機の最新技術や気になるスペックの比較記事などをまとめています。

最新の開発情報:F-15EXイーグルIIとB-21レイダー

F-15EXイーグルIIとB-21レイダーの最新情報は、以下のカテゴリにまとめています。

F-15EXイーグルIIやB-21レイダーの最新情報
F-15EXイーグルIIやB-21レイダーの最新情報を紹介します。 目次 最新の開発情報:F-15EXイーグルII最新の開発情報:B-21レイダー 最新の開発情報:F-15EXイーグルII ボーイング社のX(Twitter)などによると、 ...

シンプルだけど奥が深い疑問

最強の戦闘機ってなんだろう?

最強の戦闘機はF-15EXイーグルIIなのかF-22ラプターなのか?
「最強の戦闘機は何ですか?」仕様(数字)を比べても、天候はもちろんのこと相手も飛んでいますし運用(戦い方)も違います。F-22ラプター、F-15EXイーグルII、F-35AライトニングII、F-16ファイティング・ファルコンの4機を選び最強の戦闘機について考えます。

ステルスなのにこれもあり?

F-35AライトニングII:ステルスより物量による打撃力ビーストモード
F-35AライトニングIIは、ステルス機なのでミサイル等の武装はウェポンベイに格納します。ビーストモード(Beast Mode)とは、ステルス性よりも攻撃力(ミサイル等の物量)を重視した形態です。F-35AライトニングIIのビーストモードについて説明します。

比べてみよう

「最強の戦闘機は?」「飛行性能と機体形状の違いは?」「No.1は?」など、以下のカテゴリをご参照ください。

いろんな軍用機をくらべてみる
例えば、戦闘機の性能を比べる場合、強い、弱いといった主観的な比較や、主要諸元のような数値による比較などがあります。 また、同じ戦闘機を比較しようとしても、開発目的や時代背景などによっても主要諸元の優先順位が変わったり、新たな要求が加えられた...

隠れた最新技術や運用について

空母のカタパルト発艦

隠れた最先端技術、米国の航空母艦のカタパルトによる発艦
これからの空母艦載機がF-35ライトニングIIシリーズ、カタパルト運用可能なF-35Cと短距離離陸/垂直着陸可能なF-35Bです。カタパルトによる発艦とアレスティング・フックによる着艦及びカタパルトについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。
空母のカタパルトによる発艦を高校物理の等加速度運動の式で計算する
空母のカタパルトは、約30トン(30,000kg)の艦載機を約100mで一気に加速させ射出します。パイロットにとっては2秒ほどで停止状態から空中に放り出されるイメージです。高校物理の等加速度運動をカタパルトに当てはめ加速度の計算について説明します。

輸送機C-130から主力戦車M1A2への給油

C-130Jスーパー・ハーキュリーズからM1A2エイブラムスへの給油訓練
輸送機は空中給油や物資等を輸送します。補給基地に運ぶ定期便のような場合だけでなく、地上部隊の近くに物資等を直接運ぶ場合もあります。米国空軍の輸送機C-130Jスーパー・ハーキュリーズから米国陸軍の主力戦車M1A2エイブラムスへの補給訓練を紹介します。

航空機の試験について

航空機の開発では、実機と同じ機体(試作機)を作り、機体が使われる(飛行する)環境下での対候性試験や、破壊試験などを含む構造試験などが行われます。

航空機のテスト
CAEによるシミュレーション技術の発展により、実機相当のシミュレーションが使われるようになっています。 第6世代のステルスで全翼機の戦略爆撃機B-21レイダーの開発では、デジタルツインとよばれる、シミュレーションで実機相当の機体を使った設計...

知っていると専門家気分になれるかもしれない知識

軍用機の型式番号(モデルナンバー)の命名規則

例外もありますが、主としてどの様な用途で開発されたのかが分かります。

軍用機の型式番号(モデルナンバー)の命名規則について
米国の軍用機の型式番号には、例えばF-22ラプターであれば、FはFighter(戦闘機)、22は22番目の戦闘機という意味がありますが、これらは命名規則で決まっています。例外なしというわけではないのですが、主な型式番号について説明します。

航空機の工学的知識も学ぶパイロットハンドブック

パイロットは操縦(機体の操作方法)以外にも様々な知識が必要だということがよく分かりました。

小型航空機の工学的知識の参考にFAAのパイロットハンドブック日本語版
米国では航空機は、身近にある乗り物です。航空機の基本的な構造や操縦について知る参考資料として、FAA(アメリカ連邦航空局)のパイロット・ハンドブックと、最新版ではありませんが国土交通省の日本語に訳された資料について説明しています。

試作機での試験データ取得に関すること

開発中の機体についている棒状のモノがノーズブーム、調べてみるとセンサーとしても奥が深いものでした。

ノーズブーム:試作機の速度などを計測する計測システム
ノーズ・ブーム(nose boom)とは、機体の速度、高度、温度を測定する計測システムです。C-5Mスーパーギャラクシー初号機、F-22ラプターの試作機であるYF-32、F-35の試作機であるX-35のノーズ・ブームについて写真も使い紹介します。

ブログ運営の振り返り

2023年振り返りと2024年に向けて
このブログは、2023年7月に立ち上げました。おかげ様で見ている方も増えているようで励みになっています。やはり好きなことは続けられるようで、2024年もコツコツ調べ、記事にまとめ投稿していきたいと考えています。

スポンサーリンク
航空機のテスト

F-15EXイーグルII音響試験:環境アセスメントに必要な音響データ収集

航空機は飛行時だけでなく離発着時にも大きな音(騒音)が発生します。騒音対策にはどの様な音が出ているかを知る必要があります。米国国防総省の騒音のベースラインを作成するために実施した、F-15EXイーグルIIによる音響試験について説明します。
航空機のテスト

T-7Aレッドホーク耐候性試験:極寒・酷暑に高湿度での機能確認

耐候性試験は、寒い気候だけでなく、高温、多湿などに条件下で、試験対象の機能が正常に発揮されるか、試験室に実機を持ち込み、極寒・酷暑・高湿度下で機能を確認します。航空機の耐候性試験試験について、次世代の訓練機T-7Aレッドホークを例に説明します。
航空機の技術

F-35BライトニングIIの冷たい空気のリフトファンと推力偏向ノズル

F-35BライトニングIIは、優れた空力性能と統合されたアビオニクスを備える次世代の第5世代ステルスな短距離離陸/垂直着陸(STOVL)機です。F-35Bの短距離離陸/垂直着陸(STOVL)を実現する、リフトファンと推力偏向ノズルについて説明します。
比べてみよう

比べてみよう:F-22ラプターとF-15Eイーグルのジェットエンジン

F-22ラプターはステルス機、F-15EXイーグルIIは第4.5世代戦闘機。求められる要求や仕様がそもそも違います、単純に比較するのは難しいと考えています。F-22ラプターとF-15ストライクイーグルに搭載されているエンジンについて、以下の項目で説明しました。
航空機の技術

F-35BライトニングIIの短距離離陸/垂直着陸(STOVL)と機体の姿勢制御

F-35シリーズのF-35BライトニングIIは、第5世代戦闘機で優れた空力性能と統合されたアビオニクスを備える次世代のステルス機であり、短距離離陸/垂直着陸(STOVL)可能です。 F-35Bの短距離離陸/垂直着陸(STOVL)と機体の姿勢制御について説明します。
航空機の技術

AV-8BハリアーIIの垂直離着陸(VTOL)と機体の姿勢制御の仕組み

AV-8BハリアーIIは、米国海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機で、2024年現在、F-35BライトニングIIの配備が進められています。垂直離着陸(VTOL)機AV-8BハリアーIIが、どの様に姿勢を制御しているかについて説明します。
航空機の技術

ステルスだけではないF-22ラプターの2次元スラスト・ベクトル・ノズル

F-22ラプターは強力なエンジンを2基搭載し、超音速巡航に加え2次元スラスト・ベクトル・ノズルにより、高いステルス性、短距離離陸や機動性に優れた機体です。F-22ラプターの2次元スラスタ・ベクトル・ノズルについて、写真を使い説明します。
航空機の技術

マッハ2.5を実現するF-15イーグルの可変インテークシステム

最新のF-15EXイーグルIIを含むF-15シリーズは、最大速度マッハ2.5の戦闘機です。戦闘機のジェットエンジンは、インテーク(吸気口)から空気を取り込み後方に排気することで推進力を得ます。マッハ2.5を実現するF-15の可変インテークシステムについてします。
博士のテクレポ

2023年振り返りと2024年に向けて

このブログは、2023年7月に立ち上げました。おかげ様で見ている方も増えているようで励みになっています。やはり好きなことは続けられるようで、2024年もコツコツ調べ、記事にまとめ投稿していきたいと考えています。
最新の開発情報

F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着

2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました