航空機の技術

航空機の技術 航空機の技術

航空機は、機体とエンジンとが別のメーカーにより設計、開発、製造、アフターサポートがなされています。

航空機の設計・開発では様々な技術が使われ、1機の航空機が実際に飛行するまでには長い時間がかかります。

また、実際に航空機を運用するための現場にも高度な技術が使われています。

ジェット機のエンジンに関する技術

より速く自由に飛ぶため、あるいは、ジェットエンジンなのにホバリングを実現する技術もあります。

超音速を実現する技術:F-15の可変インテーク

可変インテークシステムは、最新のF-15EXイーグルIIF-15Eストライクイーグルの最高速マッハ2.5を支える技術の1つです。

マッハ2.5を実現するF-15イーグルの可変インテークシステム
最新のF-15EXイーグルIIを含むF-15シリーズは、最大速度マッハ2.5の戦闘機です。戦闘機のジェットエンジンは、インテーク(吸気口)から空気を取り込み後方に排気することで推進力を得ます。マッハ2.5を実現するF-15の可変インテークシステムについてします。

最強を支える技術:F-22の2次元スラスト・ベクトル・ノズル

F-22ラプターの2次元スラスト・ベクトル・ノズル(2次元推力偏向ノズル)は、最強を支える技術の1つです。

ステルスだけではないF-22ラプターの2次元スラスト・ベクトル・ノズル
F-22ラプターは強力なエンジンを2基搭載し、超音速巡航に加え2次元スラスト・ベクトル・ノズルにより、高いステルス性、短距離離陸や機動性に優れた機体です。F-22ラプターの2次元スラスタ・ベクトル・ノズルについて、写真を使い説明します。

ホバリングできるジェット機

垂直離着陸が可能なAV-8BハリアーIIの姿勢制御についてまとめています。

AV-8BハリアーIIの垂直離着陸(VTOL)と機体の姿勢制御の仕組み
AV-8BハリアーIIは、米国海兵隊の近接航空支援を担う垂直離着陸(VTOL)機で、2024年現在、F-35BライトニングIIの配備が進められています。垂直離着陸(VTOL)機AV-8BハリアーIIが、どの様に姿勢を制御しているかについて説明します。

隠れた最新技術や運用について

映画トップガンで見たことがある方もいると思いますが、空母からのカタパルト発艦は、目立たぬ高度な技術力があるからこそ運用されています。

空母のカタパルト発艦

見た目が派手なカタパルト発艦、艦載機といえば映画トップガンのF-14トムキャットF/A-18スーパーホーネット、超音速でステルスなF-35CライトニングIIです。

隠れた最先端技術、米国の航空母艦のカタパルトによる発艦
これからの空母艦載機がF-35ライトニングIIシリーズ、カタパルト運用可能なF-35Cと短距離離陸/垂直着陸可能なF-35Bです。カタパルトによる発艦とアレスティング・フックによる着艦及びカタパルトについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。
空母のカタパルトによる発艦を高校物理の等加速度運動の式で計算する
空母のカタパルトは、約30トン(30,000kg)の艦載機を約100mで一気に加速させ射出します。パイロットにとっては2秒ほどで停止状態から空中に放り出されるイメージです。高校物理の等加速度運動をカタパルトに当てはめ加速度の計算について説明します。

輸送機C-130から主力戦車M1A2への給油

C-130Jスーパー・ハーキュリーズからM1A2エイブラムスへの給油訓練
輸送機は空中給油や物資等を輸送します。補給基地に運ぶ定期便のような場合だけでなく、地上部隊の近くに物資等を直接運ぶ場合もあります。米国空軍の輸送機C-130Jスーパー・ハーキュリーズから米国陸軍の主力戦車M1A2エイブラムスへの補給訓練を紹介します。

試作機のテストなど

試作機の機首先端の棒状のモノは何だろうかと疑問に思っていました。

ノーズブーム:試作機の速度などを計測する計測システム
ノーズ・ブーム(nose boom)とは、機体の速度、高度、温度を測定する計測システムです。C-5Mスーパーギャラクシー初号機、F-22ラプターの試作機であるYF-32、F-35の試作機であるX-35のノーズ・ブームについて写真も使い紹介します。

航空機や雑学的なこと

米国では、日本よりもずっと航空機が日常的に使われています。

パイロットは操縦だけではないことが分かるパイロットハンドブック、少々難しいけれど日本語の資料も紹介しています。

航空機の工学的知識も学ぶパイロットハンドブック

パイロットハンドブックはパイロット向けのFAA(米国)の資料です。

日本語の資料もありますので、パイロットに必要な知識を知ることができます。

小型航空機の工学的知識の参考にFAAのパイロットハンドブック日本語版
米国では航空機は、身近にある乗り物です。航空機の基本的な構造や操縦について知る参考資料として、FAA(アメリカ連邦航空局)のパイロット・ハンドブックと、最新版ではありませんが国土交通省の日本語に訳された資料について説明しています。

航空機の型式番号(モデルナンバー)のルール

機体のモデルナンバーのルールを知っていると用途が分かることもあります。

軍用機の型式番号(モデルナンバー)の命名規則について
米国の軍用機の型式番号には、例えばF-22ラプターであれば、FはFighter(戦闘機)、22は22番目の戦闘機という意味がありますが、これらは命名規則で決まっています。例外なしというわけではないのですが、主な型式番号について説明します。

航空機の技術

ステルスだけではないF-22ラプターの2次元スラスト・ベクトル・ノズル

F-22ラプターは強力なエンジンを2基搭載し、超音速巡航に加え2次元スラスト・ベクトル・ノズルにより、高いステルス性、短距離離陸や機動性に優れた機体です。F-22ラプターの2次元スラスタ・ベクトル・ノズルについて、写真を使い説明します。
航空機の技術

マッハ2.5を実現するF-15イーグルの可変インテークシステム

最新のF-15EXイーグルIIを含むF-15シリーズは、最大速度マッハ2.5の戦闘機です。戦闘機のジェットエンジンは、インテーク(吸気口)から空気を取り込み後方に排気することで推進力を得ます。マッハ2.5を実現するF-15の可変インテークシステムについてします。
航空機の技術

ノーズブーム:試作機の速度などを計測する計測システム

ノーズ・ブーム(nose boom)とは、機体の速度、高度、温度を測定する計測システムです。C-5Mスーパーギャラクシー初号機、F-22ラプターの試作機であるYF-32、F-35の試作機であるX-35のノーズ・ブームについて写真も使い紹介します。
航空機の技術

軍用機の型式番号(モデルナンバー)の命名規則について

米国の軍用機の型式番号には、例えばF-22ラプターであれば、FはFighter(戦闘機)、22は22番目の戦闘機という意味がありますが、これらは命名規則で決まっています。例外なしというわけではないのですが、主な型式番号について説明します。
航空機の技術

空母のカタパルトによる発艦を高校物理の等加速度運動の式で計算する

空母のカタパルトは、約30トン(30,000kg)の艦載機を約100mで一気に加速させ射出します。パイロットにとっては2秒ほどで停止状態から空中に放り出されるイメージです。高校物理の等加速度運動をカタパルトに当てはめ加速度の計算について説明します。
航空機の技術

C-130Jスーパー・ハーキュリーズからM1A2エイブラムスへの給油訓練

輸送機は空中給油や物資等を輸送します。補給基地に運ぶ定期便のような場合だけでなく、地上部隊の近くに物資等を直接運ぶ場合もあります。米国空軍の輸送機C-130Jスーパー・ハーキュリーズから米国陸軍の主力戦車M1A2エイブラムスへの補給訓練を紹介します。
航空機の技術

隠れた最先端技術、米国の航空母艦のカタパルトによる発艦

これからの空母艦載機がF-35ライトニングIIシリーズ、カタパルト運用可能なF-35Cと短距離離陸/垂直着陸可能なF-35Bです。カタパルトによる発艦とアレスティング・フックによる着艦及びカタパルトについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました