F-15EXイーグルIIやB-21レイダーの最新情報

F-15EXイーグルIIやB-21レイダーの最新情報 最新の開発情報

F-15EXイーグルIIやB-21レイダーの最新情報を紹介します。

最新の開発情報:F-15EXイーグルII

ボーイング社のX(Twitter)などによると、

  • 2023年8月、F-15EXイーグルII量産3号機の製造が再開
  • 2023年10月、構造試験と振動試験が終わり、次は飛行試験へ
  • 2023年11月、量産3号機の最初の飛行試験実施に続き、6号機の飛行試験のため工場から移動
  • 2023年12月、量産3・4号機、エグリン空軍基地に到着
  • 2024年2月、エグリン空軍基地配備は全部で6機に
  • 2024年5月、塗装後の量産7号機公開
F-15EXイーグルIIニュース:開発から現在まで
2021年2月の初飛行2023年7月現在、F-15EXイーグルIIは量産機による運用試験実施中です。米国空軍のWebサイトの情報から、F-15EXイーグルII開発の進捗状況をまとめています。
F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着
2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。

最新の開発情報:B-21レイダー

ボーイング社のX(Twitter)によると、

  • 2023年9月、ノースロップ・グラマン社のX(Twitter)によると、B-21の地上エンジン試験が開始されました。
  • 2023年11月、B-21が初飛行。X(Twitter)などで動画も公開されています。
B-21レイダーニュース:開発開始から現在まで
米国の戦略爆撃機はB-52Hストラトフォートレス、B-1BランサーとB-2スピリットの3機種で、B-21レイダーが開発中です。戦略爆撃機近代化によりB-1Bが退役しB-52HとB-21レイダーになるようです。B-21について主に米国空軍Webサイトの情報かをまとめています。

スポンサーリンク
最新の開発情報

F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着

2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。
最新の開発情報

B-21レイダーニュース:開発開始から現在まで

米国の戦略爆撃機はB-52Hストラトフォートレス、B-1BランサーとB-2スピリットの3機種で、B-21レイダーが開発中です。戦略爆撃機近代化によりB-1Bが退役しB-52HとB-21レイダーになるようです。B-21について主に米国空軍Webサイトの情報かをまとめています。
最新の開発情報

F-15EXイーグルIIニュース:開発から現在まで

2021年2月の初飛行2023年7月現在、F-15EXイーグルIIは量産機による運用試験実施中です。米国空軍のWebサイトの情報から、F-15EXイーグルII開発の進捗状況をまとめています。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました