KC-10エクステンダー:3基のエンジンでKC-135の2倍の燃料を搭載可能

KC-10エクステンダー 空中給油機
出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像(加工しています)

KC-10エクステンダー(Extender)は、貨物輸送も可能な空中給油機です。

KC-10エクステンダーは、KC-46Aペガサス同様左右の主翼にエンジンを各1基備えている他、垂直尾翼下部に3基目のエンジンを搭載しているのが大きな特徴です。

将来的には、KC-135ストラトタンカーの後継機でもあるKC-46Aペガサスに置き換えられていくようです。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報から、KC-10エクステンダー(Extender)についてまとめています。

KC-10エクステンダー(Extender)とは

KC-10エクステンダー(Extender)は、KC-135ストラトタンカーよりも大型でより多くの燃料を搭載可能な空中給油機です。

下図は、F-22ラプターに空中給油するKC-10エクステンダーです。

KC-10エクステンダー(Extender)

Rendezvous point A KC-10 Extender refuels an F-22 Raptor during Exercise Razor Talon Feb. 7, 2013, at Seymour Johnson Air Force Base, N.C. Razor Talon is an Atlantic Coast monthly large force exercise and joint-unit training opportunity to employ cutting edge operational concepts such as Air-Sea battle and maritime air support. The KC-10 is assigned to the 305th Air Mobility Wing, McGuire Air Force Base, N.J. and the F-22 is assigned to Langley AFB, Va. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Andy M. Kin)

図1 KC-10エクステンダー(Extender)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

KC-10エクステンダーの主な特徴

KC-10エクステンダーは、空中給油に加え、人員、航空医療搬送、貨物の輸送も可能です。

KC-10エクステンダーの主な特徴を列挙します。

  • 最大75人と約76,560kgの貨物を搭載し、無給油で7,040kmの輸送が可能です。
  • 外観上の特長ともなっている、垂直尾翼下部に3基目のエンジンを搭載しています。
  • 貨物搭載用の大きなドアを装備しています。

巨大な燃料搭載容量

KC-10エクステンダーは、以下に示す合計6基の燃料タンクを備え、最大で160,200kgの燃料を搭載可能です。

  • 主翼燃料タンクを3基
  • 貨物床下に、前方下部貨物区画下に1基、中央翼エリアに1基、後部区画下に1基の計3基

下表に、KC-135ストラトタンカーKC-46Aペガサスと合わせて搭載量を示します。

KC-10 KC-135 KC-46A
燃料搭載容量 160,200 kg 90,719 kg 96,297 kg
貨物積載量 76,560 kg 37,648 kg 29,484 kg
最大離陸重量 265,500 kg 146,285 kg 188,240 kg

空中給油システム

KC-10エクステンダーの空中給油は、フライングブームかシャトル型のドローグにより行います。

KC-10エクステンダーの空中給油システムは、デジタル・フライ・バイ・ワイヤにより制御されています。

ブーム・オペレーターが空中給油の操作を行う場所は、機体下のフライングブーム基部にあり、KC-135ストラトタンカーよりも広いスペースとなっているようです。

  • KC-46Aペガサスは、操縦席からの遠隔操作です。

写真で見るKC-10エクステンダー

KC-10エクステンダーをUSAF(米国空軍)のWebサイトの写真を使い説明します。

機体形状

下図は、機体上方からの写真です。

  • 垂直尾翼下部の3基目のエンジンが特徴的な外観です。
KC-10エクステンダー:上から

KC-135R air refueling mission A KC-10 Extender from the 305th Air Mobility Wing flies over the Atlantic Ocean March 18, 2016. The wing is stationed at Joint Base McGuire-Dix-Lakehurst, N.J. (U.S. Air National Guard photo/Tech. Sgt. Matt Hecht)

図2-1 KC-10エクステンダー:上から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、前方正面からの写真です。

  • 操縦席上部が空中給油口です。
KC-10エクステンダー:前から

Welcome home A KC-10 Extender assigned to the 305th Air Mobility Wing returns from the U.S. European Command area of responsibility, at Joint Base McGuire-Dix-Lakehurst, N.J., May 25, 2022. The return marks an end to EUCOM aerial refueling support for KC-10 Extenders assigned to the 305th AMW. (U.S. Air Force photo by Airman Simonne Barker)

図2-2 KC-10エクステンダー:前から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、横からの写真です。

  • 垂直尾翼下部の3基目のエンジンが目立ちます。
KC-10エクステンダー:横から

KC-10 Extender A 908th Expeditionary Aerial Refueling Squadron KC-10 Extender is prepared for a flight at the 380th Air Expeditionary Wing, Al Dhafra Air Base, United Arab Emirates before a mission in support of Operation Inherent Resolve, March 14, 2019. The 908th EARS empowers the fight against ISIS by providing mission extending aerial refueling services to U.S. and Coalition forces conducting operations in OIR’s area of responsibility. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Jordan Castelan)

図2-3 KC-10エクステンダー:横から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、機体下方からの写真です。

  • フライングビームの大きいことが分かります。
KC-10エクステンダー:下から

Col. Theresa Weems, 60th Operations Group commander, takes final flight at Travis AFB U.S. Air Force Col. Theresa Weems, 60th Operations Group commander, conducts “touch-and-goes” aboard a KC-10 Extender during her final flight July 24, 2019, at Travis Air Force Base, California. The flight, which is a military tradition, served as an opportunity for the Travis community to honor Weems and wish her well on her next assignment. Weems has served as the commander for the 60th OG for the largest air mobility wing in the Air Force since July 2017. (U.S. Air Force photo by Heide Couch)

図2-4 KC-10エクステンダー:下から

出典:TRAVIS AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

離陸

下図は、離陸時の写真です。

KC-10エクステンダー:離陸

KC-10s provide aerial refueling support A KC-10 Extender takes off from an air base in Southwest Asia en route to provide aerial refueling support for Operation Enduring Freedom. The KC-10 is an advanced tanker and cargo aircraft capable of providing more than 356,000 pounds of fuel and can carry 75 passengers. (U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Charles Larkin Sr) (Released)

図3 KC-10エクステンダー:離陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

着陸

下図は、着陸時の写真です。

  • 離陸時に比べると着陸時の写真の方が迫力があります。
KC-10エクステンダー:着陸

Wings Over Solano A KC-10 Extender lands at Travis Air Force Base, Calif., during the Wings Over Solano Air Show May 6, 2017. The two-day event featured performances by the U.S. Air Force Thunderbirds, U.S. Army Golden Knights parachute team, flyovers and static displays. (U.S. Air Force photo by Heide Couch)

図4 KC-10エクステンダー:着陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油におけるフライングブームの操作

下図は、フライングブームが延ばしているKC-10エクステンダーの写真です。

  • ブーム・オペレーターは、フライングブーム基部の胴体下部の膨らみの部分で操作します。
KC-10エクステンダー:フライングブーム

220514-F-RU983-3427 A U.S. Air Force KC-10 Extender performs a fly-by during Wings Over Solano at Travis Air Force Base, California, May 14, 2022. The Wings Over Solano open house and air show provided an opportunity for the local community to interact directly with the base and its Airmen and see capabilities on full display at Travis AFB. (U.S. Air Force photo by Heide Couch)

図5-1 KC-10エクステンダー:フライングブーム

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、KC-10エクステンダーからF-35ライトニングIIへの空中給油のため、ブーム・オペレーターがフライングブームを操作している写真です。

  • 小さな窓から、パイロットと連絡を取りながらジョイスティック?の様なレバーでフライングブームの操作をしています。
  • KC-135ストラトタンカーの写真と比べると、操作スペースは広くみえます。
KC-10エクステンダー:ブーム・オペレーター

190603-F-BG094-0194 Tech. Sgt. Arriel Bromley, 78th Aerial Refueling Squadron in-flight refueler, out of McGuire Air Force Base, N.J., operates the fuel injection arm of a KC-10 Extender connected to an F-35 Lightning II for a mid-air refueling training mission during exercise Astral Knight 19 over the Adriatic Sea, June 3, 2019. Astral Knight is a joint, multinational exercise taking place throughout various locations in Europe, with more than 900 Airmen participating in the exercise. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Joshua R. M. Dewberry)

図5-2 KC-10エクステンダー:ブーム・オペレーター

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油いろいろ

KC-10エクステンダーは、様々な機体への空中給油が可能です。

ここでは、以下の戦闘機や戦略爆撃機への空中給油を写真で紹介します。

下図は、A-10サンダーボルトIIへの空中給油です。

  • A-10サンダーボルトIIの空中給油口は、操縦席前方の機首部にあります。
KC-10エクステンダー:A-10サンダーボルトIIへの空中給油

Gas and go An A-10 Thunderbolt II assigned to Moody Air Force Base, Ga., flies below a KC-10 Extender assigned to Travis AFB, Calif., after receiving fuel over California, June 30, 2022. The A-10 participated in Exercise Green Flag-West 22-08. Green Flag-West is a close air support and joint exercise administered by the U.S. Air Force Air Warfare Center and Nellis AFB through the 549th Combat Training Squadron. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Traci Keller)

図6-1 KC-10エクステンダー:A-10サンダーボルトIIへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、F-117ナイトホークへの空中給油です。

  • F-117ナイトホークは、2023年現在も(訓練等で)飛行している世界初のステルス機です。
KC-10エクステンダー:F-117ナイトホークへの空中給油

F-117A stealth fighter 1990’s — A 37th Tactical Fighter Wing F-117A stealth fighter aircraft refuels from a 22nd Air Refueling Wing KC-10 Extender aircraft during Operation Desert Shield. The F-117A is en route to Saudi Arabia.

図6-2 KC-10エクステンダー:F-117ナイトホークへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、F-22ラプターへの空中給油です。

KC-10エクステンダー:F-22ラプターへの空中給油

KC-10 Refuels Joint Fighters An F-22 Raptor, assigned to the 3rd Wing, receives fuel from a KC-10 Extender over Alaska during exercise Northern Edge 21, May 7, 2021. The exercise is one in a series of U.S. Indo-Pacific Command exercises designed to sharpen the joint forces’ skills; to practice tactics, techniques, and procedures; to improve command, control and communication relationships. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Burt Traynor)

図6-3 KC-10エクステンダー:F-22ラプターへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、F-16ファイティング・ファルコンへの空中給油です。

KC-10エクステンダー:F-16ファイティング・ファルコンへの空中給油

Falcon refuel A U.S. Air Force F-16 Fighting Falcon receives fuel from a KC-10 Extender over an undisclosed location within the U.S. Central Command area of responsibility, Nov. 26, 2022. F-16s routinely conduct presence patrols within the CENTCOM area of responsibility to reassure allies and ensure regional security. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Gerald R. Willis)

図6-4 KC-10エクステンダー:F-16ファイティング・ファルコンへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、B-1Bランサーへの空中給油です。

  • B-1Bランサーは、可変翼の戦略爆撃機です。
  • 写真では分かりにくいのですが、戦闘機と戦略爆撃機とではかなり機体サイズが違います。双方のパイロットはもちろんですが、ブーム・オペレーターにも技術と経験が必要と思われます。
KC-10エクステンダー:B-1Bランサーへの空中給油

Feb. 18 airpower summary: B-1Bs provide overwatch A B-1B Lancer receives fuel from a KC-10 Extender over Afghanistan. B-1Bs fly close-air-support missions for both Operation Enduring Freedom and Operation Iraqi Freedom. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Aaron Allmon)

図6-5 KC-10エクステンダー:B-1Bランサーへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、B-2スピリットへの空中給油です。

  • B-2スピリットは、無尾翼の戦略爆撃機です。
  • 後継機は、現在開発中のB-21レイダーです。
KC-10エクステンダー:B-2スピリットへの空中給油

Travis aircrew assists Rose Bowl flyover A B-2 Spirit from Whiteman Air Force Base, Missouri, conducts an aerial refuel by a 9th Air Refueling Squadron KC-10 Extender Jan. 1, 2015, along the California coastline. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Laurel Cummins)

図6-6 KC-10エクステンダー:B-2スピリットへの空中給油

出典:TRAVIS AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、B-52ストラトフォートレスへの空中給油です。

  • B-52ストラトフォートレスは、成層圏の要塞ともよばれる大型の戦略爆撃機です。
KC-10エクステンダー:B-52ストラトフォートレスへの空中給油

Buffs and Extenders: The Strike Eagle perspective A B-52 Stratofortress assigned to Barksdale Air Force Base, La., receives fuel from a KC-10 Extender during a bomber task force mission over the U.S. Central Command area of responsibility, Jan. 27, 2021. The bomber deployment underscores the U.S. military’s commitment to regional security and demonstrates a unique ability to rapidly deploy on short notice. The B-52 is a long-range, heavy bomber that is capable of flying at high subsonic speeds at altitudes of up to 50,000 feet and provides the United States with a global strike capability. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Trevor T. McBride)

図6-7 KC-10エクステンダー:B-52ストラトフォートレスへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、F/A-18スーパーホーネットへの空中給油です。

  • ドローグによる空中給油です。
KC-10エクステンダー:F/A-18スーパーホーネットへの空中給油

Fuel for fighters A KC-10 Extender from the 908th Expeditionary Aerial Refueling Squadron refuels a Navy F/A-18 Super Hornet Dec. 11 over Afghanistan. The KC-10 holds six tanks that carry more than 356,000 pounds of fuel. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Aaron Allmon)

図6-8 KC-10エクステンダー:F/A-18スーパーホーネットへの空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

貨物搭載

KC-10エクステンダーは、大きな貨物搭載扉を装備しています。

下図は、大型の貨物搭載扉から貨物搭載中の写真です。

KC-10エクステンダー:貨物搭載

KC-10 Extender fuels way to the Pacific U.S. Airmen with the 6th Air Refueling Squadron and 60th Aerial Port Squadron load cargo onto a KC-10 Extender at Travis Air Force Base, California, Feb. 21, 2023. A multi-unit aircrew transported 11,000 pounds of cargo to Kadena Air Base, Japan, in support of U.S. Indo-Pacific Command. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Alexander Merchak)

図7-1 KC-10エクステンダー:貨物搭載

出典:TRAVIS AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、貨物室内の写真です。

  • 貨物室内に備えた電動ローラーやウィンチによる重量物の移動が可能です。
KC-10エクステンダー:貨物室

Two refuelers, one squadron can handle any situation Master Sgt. Todd McPeak walks back from the refueling pod of a KC-10 Extender during an Operation Iraqi Freedom mission on July 18. Sergeant McPeak is a boom operator for the 908th Expeditionary Air Refueling Squadron in Southwest Asia. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Brian Ferguson)

図7-2 KC-10エクステンダー:貨物室

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

KC-10エクステンダーの歴史

KC-10エクステンダーの歴史について説明します。

KC-10エクステンダーは、ボーイング社のDC-10を改良しました。

1981年:KC-10A就役

DC-10とは、88%が共通のシステムです。

空軍の任務に必要な、以下のシステムや装備が追加されています。

  • 空軍用アビオニクス
  • 空中給油システム:空中給油ブームと空中給油ホース、空中給油ドローグ、着座式空中給油オペレーター・ステーション
  • 空中給油レセプタクル(空中給油を受ける側の設備)
  • 衛星通信

空中給油能力の強化

20機のKC-10については、翼搭載ポッド追加の改造を行い、空中給油能力をさらに強化しました。

継続的な改修

継続的な改修には、以下のものがあります。

  • 将来の民間航空管制のニーズを満たすための通信、航法、監視装置の追加
  • 連邦航空局の認証を維持するための改造や検査への対応

KC-10エクステンダーの諸元

米国空軍のWebサイトの情報から主要諸元を下表に示します。

全長 54.4 m
全高 17.4 m
全幅 50 m
エンジン
  • GE製CF6-50C2ターボファンエンジン(3基)
  • 推力:23,813 kg (1基当たり)
重量  – kg
最大離陸重量 265,000 kg
速度 996 km/h(マッハ0.83)
高度 12,727 m
航続距離 7,081 km(貨物搭載時)

18,507 km(非搭載時)

燃料搭載容量 160,200 kg
貨物積載量 76,560 kg
乗員 4名(パイロット、副操縦士、フライトエンジニア、ブーム・オペレーター)

航空医療搬送:基本5名(フライトナース2名、メディカルテクニシャン3名)

参考リンク

この記事は、主に以下のWebサイトの情報をまとめています。

英文サイトを和訳していることと、私の理解した内容なので正確な情報は、以下の情報をご参照ください。

  • USAF(米国空軍)のKC-10エクステンダー(Extender)の紹介ページ

まとめ

KC-10エクステンダー(Extender)は、貨物輸送も可能な空中給油機です。

垂直尾翼下部に3基目のエンジンを搭載しており、燃料搭載量はKC-135ストラトタンカーの約2倍、貨物搭載も可能です。

将来的には、KC-135ストラトタンカーの後継機でもあるKC-46Aペガサスに置き換えられていくようです。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報から、KC-10エクステンダー(Extender)について以下の項目で説明しました。

  • KC-10エクステンダー(Extender)とは
    • KC-10エクステンダーの主な特徴
    • 巨大な燃料搭載容量
    • 空中給油システム
  • 写真で見るKC-10エクステンダー
    • 機体形状
    • 離陸
    • 着陸
    • 空中給油におけるフライングブームの操作
    • 空中給油いろいろ
    • 貨物搭載
  • KC-10エクステンダーの歴史
    • 1981年:KC-10A就役
    • 空中給油能力の強化
    • 継続的な改修
  • KC-10エクステンダーの諸元
  • 参考リンク
タイトルとURLをコピーしました