第4世代と第4.5世代のマルチロール機

第4世代と第4.5世代のマルチロール機 第4世代戦闘機

第4世代戦闘機は、ステルス性こそ第5世代戦闘機よりは見劣りしますが、今でも現役で運用されている戦闘機です。

上図の写真は、右からA-10サンダーボルトIIF-15EXイーグルIIF-16ファイティング・ファルコンF-15イーグルが2機です。

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

第4.5世代戦闘機は、F-15イーグルを例にすると、F-15A~Dまでが第4世代、F-15E以降が第4.5世代となるようです。

運用試験中の最新型F-15EXイーグルII

F-15EXイーグルIIは、現在量産機の運用試験が進んでいます。

F-15EXイーグルIIの最新情報は、以下の記事をご参照ください。

F-15EXイーグルIIニュース:開発から現在まで
2021年2月の初飛行2023年7月現在、F-15EXイーグルIIは量産機による運用試験実施中です。米国空軍のWebサイトの情報から、F-15EXイーグルII開発の進捗状況をまとめています。
F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着
2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。

F-15EXイーグルIIの詳細は、以下の記事をご参照ください。

F-15EXイーグルII:最強の戦闘機F-15イーグルの後継機
F-15イーグルは、初飛行からおよそ半世紀を経てのリニューアル(近代化)です。ちなみに航空自衛隊へのF-15初号機納入は1981年、すでに40年以上です。F-15EXイーグルIIについて、米国空軍とボーイング社のWebサイト情報から写真を使い説明します。

マッハ2.5を支えるF-15の可変インテークシステムについてまとめています。

マッハ2.5を実現するF-15イーグルの可変インテークシステム
最新のF-15EXイーグルIIを含むF-15シリーズは、最大速度マッハ2.5の戦闘機です。戦闘機のジェットエンジンは、インテーク(吸気口)から空気を取り込み後方に排気することで推進力を得ます。マッハ2.5を実現するF-15の可変インテークシステムについてします。

第4.5世代戦闘機

第4世代と第4.5世代の戦闘機は、F-15イーグルを例にすると外観上はあまり大きな変化はありません。

いかは、私個人の判断により第4.5世代戦闘機としています。

F-15QAアドバンストイーグルはF-15E(ストライク)以上イーグルII未満
2023年11月Dubai Airshow 2023でF-15QAのデモ・フライトがありました。ボーイング社のWebサイトのニュース・リリースから、F-15Eストライクイーグルでもなく、F-15EXイーグルIIでもない、カタール空軍向けF-15QAアドバンストイーグルについて説明します。
F-15Eストライクイーグル:最強のマルチロール戦闘機
F-15EXイーグルIIとF-15Eストライク・イーグル、イーグルIIは現在量産2機の運用試験中です。F-15Eはすでに運用されているようなので別物と考えています。F-15Cの後継F-15Eストライク・イーグルについて、米国空軍Webサイトの情報と写真を使いまとめています。

航空自衛隊のF-2支援戦闘機は、第4.5世代にあたるようです。

F-2支援戦闘機:F-16ベースだが一回り大きく似て非なる支援戦闘機
F-2支援戦闘機(F-2 Support Fighter)は、F-16ファイティング・ファルコンをベースに日米共同開発により生まれた航空自衛隊の多用途戦闘機です。F-2について、MISAWA AIR BASE(米国空軍)の写真と、航空自衛隊と三菱重工のWebサイトの情報を使い説明します。

第4世代戦闘機

いわゆる制空権を確保するためのマルチロール戦闘機です。

F-16ファイティング・ファルコン:戦闘機界のベストセラー
F-16ファイティング・ファルコンは、コンパクトなマルチロール戦闘機です。機動性に優れ空対空と空対地戦闘にも対応可能で比較的低コストで同盟国にも提供され、戦闘機界のベストセラーとも言われます。米国空軍のWebサイト情報を主に写真を使い説明します。

A-10サンダーボルトは、近接航空支援を主任務の機体です。

A-10サンダーボルトII:低速と低高度で高機動の近接航空支援機
A-10サンダーボルト(Thunderbolt)IIは、戦車や装甲車等の地上部隊支援に特化した近接航空支援(対地攻撃)機です。特徴的な外観に加え、低速低高度で優れた機動性を発揮します。A-10サンダーボルトIIについて米国空軍のWebサイト情報から写真で説明します。

 

最新ニュース

F-15EXイーグルIIの量産3号機(EX3)と4号機(EX4)エグリン基地に到着

2023年12月20日、F-15EXIIイーグルIIの量産3・4号機(EX3とEX4)がエグリン空軍基地に到着しました。胴体前部など最初の2機と違う部分もあります。EGLIN AIR FORCE BASEのWebサイトのニュースからF-15EXイーグルII3・4号機と開発方法などについて説明します。
第4世代戦闘機

F-15QAアドバンストイーグルはF-15E(ストライク)以上イーグルII未満

2023年11月Dubai Airshow 2023でF-15QAのデモ・フライトがありました。ボーイング社のWebサイトのニュース・リリースから、F-15Eストライクイーグルでもなく、F-15EXイーグルIIでもない、カタール空軍向けF-15QAアドバンストイーグルについて説明します。
第4世代戦闘機

F-2支援戦闘機:F-16ベースだが一回り大きく似て非なる支援戦闘機

F-2支援戦闘機(F-2 Support Fighter)は、F-16ファイティング・ファルコンをベースに日米共同開発により生まれた航空自衛隊の多用途戦闘機です。F-2について、MISAWA AIR BASE(米国空軍)の写真と、航空自衛隊と三菱重工のWebサイトの情報を使い説明します。
第4世代戦闘機

A-10サンダーボルトII:低速と低高度で高機動の近接航空支援機

A-10サンダーボルト(Thunderbolt)IIは、戦車や装甲車等の地上部隊支援に特化した近接航空支援(対地攻撃)機です。特徴的な外観に加え、低速低高度で優れた機動性を発揮します。A-10サンダーボルトIIについて米国空軍のWebサイト情報から写真で説明します。
第4世代戦闘機

F-16ファイティング・ファルコン:戦闘機界のベストセラー

F-16ファイティング・ファルコンは、コンパクトなマルチロール戦闘機です。機動性に優れ空対空と空対地戦闘にも対応可能で比較的低コストで同盟国にも提供され、戦闘機界のベストセラーとも言われます。米国空軍のWebサイト情報を主に写真を使い説明します。
第4世代戦闘機

F-15Eストライクイーグル:最強のマルチロール戦闘機

F-15EXイーグルIIとF-15Eストライク・イーグル、イーグルIIは現在量産2機の運用試験中です。F-15Eはすでに運用されているようなので別物と考えています。F-15Cの後継F-15Eストライク・イーグルについて、米国空軍Webサイトの情報と写真を使いまとめています。
第4世代戦闘機

F-15EXイーグルII:最強の戦闘機F-15イーグルの後継機

F-15イーグルは、初飛行からおよそ半世紀を経てのリニューアル(近代化)です。ちなみに航空自衛隊へのF-15初号機納入は1981年、すでに40年以上です。F-15EXイーグルIIについて、米国空軍とボーイング社のWebサイト情報から写真を使い説明します。
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました