空中給油機:空飛ぶガソリンスタンド

空中給油機:空飛ぶガソリンスタンド 空中給油機

空中給油機は、空中給油機による空飛ぶガソリンスタンドであり、軍用機の運用を変えた機体です。

上図の写真は、KC46AペガサスからF-15Eストライクイーグルへの空中給油の写真です。

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

例えば、燃料を少なくして素早く離陸して、高度を確保してから空中給油をしたり、燃料補給のために離着陸をしなくてよくなりました。

このブログでも紹介している米国空軍の写真は、空中給油機の普及によるメリットもあるようです。

空中給油機

空中給油機は、見た目は旅客機の様で似ていますが、それぞれにユニークな特徴があります。

KC-46Aペガサスは、空中給油を操縦席から操作する最新の空中給油機

KC-46Aペガサス:航空自衛隊も導入しているこれからの空中給油機
KC-46Aペガサス(Pegasus)は、遠隔操作による給油システムを持つ最新の空中給油機です。米国だけでなく航空自衛隊でも採用されています。主に米国空軍のWebサイトの情報からKC-46Aペガサスについて説明します。

軍用機の運用を変えたといわれるのが、KC-135ストラトタンカー

KC-135ストラトタンカー:軍用機の運用を変えた空中給油機
KC-135ストラトタンカー(Stratotanker)は空中給油機です。空中給油機の登場は、軍用機の運用にも良い意味で大きな影響を与えました。主に米国空軍のWebサイトの情報からKC-135ストラトタンカーについて説明します。

エンジン3基、KC-135の2倍の燃料を搭載可能なKC-10エクステンダー

KC-10エクステンダー:3基のエンジンでKC-135の2倍の燃料を搭載可能
KC-10エクステンダー(Extender)は空中給油機です。垂直尾翼下部に3基目のエンジンを搭載し、KC-135ストラトタンカーの約2倍の燃料を搭載可能です。今後はKC-46Aペガサスに置き換えられるようです。米国空軍のWebサイト情報からKC-10について説明します。

空中給油機の運用

空中給油機は、空中給油だけでなく地上部隊への給油や物資等の補給も行います。

C-130Jスーパー・ハーキュリーズからM1A2エイブラムスへの給油訓練
輸送機は空中給油や物資等を輸送します。補給基地に運ぶ定期便のような場合だけでなく、地上部隊の近くに物資等を直接運ぶ場合もあります。米国空軍の輸送機C-130Jスーパー・ハーキュリーズから米国陸軍の主力戦車M1A2エイブラムスへの補給訓練を紹介します。

 

空中給油機

KC-10エクステンダー:3基のエンジンでKC-135の2倍の燃料を搭載可能

KC-10エクステンダー(Extender)は空中給油機です。垂直尾翼下部に3基目のエンジンを搭載し、KC-135ストラトタンカーの約2倍の燃料を搭載可能です。今後はKC-46Aペガサスに置き換えられるようです。米国空軍のWebサイト情報からKC-10について説明します。
空中給油機

KC-46Aペガサス:航空自衛隊も導入しているこれからの空中給油機

KC-46Aペガサス(Pegasus)は、遠隔操作による給油システムを持つ最新の空中給油機です。米国だけでなく航空自衛隊でも採用されています。主に米国空軍のWebサイトの情報からKC-46Aペガサスについて説明します。
空中給油機

KC-135ストラトタンカー:軍用機の運用を変えた空中給油機

KC-135ストラトタンカー(Stratotanker)は空中給油機です。空中給油機の登場は、軍用機の運用にも良い意味で大きな影響を与えました。主に米国空軍のWebサイトの情報からKC-135ストラトタンカーについて説明します。
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました