最新の第5世代ステルス機

最新の第5世代ステルス機 第5世代ステルス

第5世代は、ステルス機ともよばれるマルチロール機です。

上図の写真は、上側がF-35AライトニングII、下側がF-22ラプターです。

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

ステルス機特有の機体形状は、レーダーに全く映らないわけではなく、レーダー上ではとても小さな飛行物体として観測されることから、低観測性に優れています。

また、レーダーや高度なアビオニクスを備えているため、自機だけでなく友軍機や様々な情報を利用することで、戦域での航空支援を実現させています。

最強のステルス機F-22ラプター

ステルス性だけでなく、アフターバーナーなしでの超音速クルージング(巡航)可能で、2次元スラスト・ベクトル・ノズルにより機動性にも優れた機体です。

F-22ラプター:戦域での航空支配という新しい戦い方を実現
F-22ラプターは第5世代のステルス戦闘機です。F-15Eストライクイーグルが航空優勢(制空権)を獲得する最強の戦闘機とすれば、F-22ラプターはより広い範囲の戦域全体を支配する航空支配を実現する、F-15シリーズとは違う意味で最強の戦闘機と言えそうです。

2次元スラスト・ベクトル・ノズルについてまとめています。

ステルスだけではないF-22ラプターの2次元スラスト・ベクトル・ノズル
F-22ラプターは強力なエンジンを2基搭載し、超音速巡航に加え2次元スラスト・ベクトル・ノズルにより、高いステルス性、短距離離陸や機動性に優れた機体です。F-22ラプターの2次元スラスタ・ベクトル・ノズルについて、写真を使い説明します。

最新のステルス機F-35ライトニングIIシリーズ

F-35ライトニングシリーズは、空軍仕様の標準型のF-35A、海兵隊で使われるSTOVL(短距離離陸/垂直着陸)のステルス機F-35B、空母運用が可能なF-35Cの3機種があります。

F-35AライトニングII:ステルス戦闘機標準型の空軍タイプ
F-35AライトニングIIは次世代のステルス機で、F-16やA-10などの後継機でもあり同盟国にも提供されます。F-35シリーズには、F-35Aの他、艦載機のF-35C、垂直離着陸可能なF-35Bがあります。F-35Aについて米国空軍のWebサイトの情報から写真を使い紹介します。
F-35B:世界で唯一の超音速・短距離離陸/垂直着陸(STOVL)・ステルス
F-35AライトニングIIは、最新の第5世代戦闘機で優れた空力性能とアビオニクスを備えたステルス機です。F-35にはF-35AとF-35Cにない短距離離陸/垂直着陸(STOV)可能なF-35について主に米国海軍と海兵隊Webサイトの情報から写真を使い説明します。
F-35CライトニングII:主翼を畳める超音速のステルス艦載機
F-35AライトニングIIは、優れた空力性能と統合アビオニクスを備える次世代のステルス機です。F-35シリーズには、空軍仕様のF-35A、艦載機のF-35C、垂直離着陸可能なF-35Bがあります。F-35Cについて米国海軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。

ステルスよりも打撃力:F-35AとF-35Bのビーストモード

マルチロールで使われることからステルスより打撃力優先で物量重視のビーストモードでの運用もされています。

F-35AライトニングII:ステルスより物量による打撃力ビーストモード
F-35AライトニングIIは、ステルス機なのでミサイル等の武装はウェポンベイに格納します。ビーストモード(Beast Mode)とは、ステルス性よりも攻撃力(ミサイル等の物量)を重視した形態です。F-35AライトニングIIのビーストモードについて説明します。
F-35BライトニングII:艦載機もステルスより物量重視ビーストモード
ステルス機F-35BライトニングIIは、ミサイル等の武装をウェポンベイに格納します。ビーストモード(Beast Mode)とは、ステルス性よりも攻撃力(ミサイル等の物量)を重視した形態です。F-35BライトニングIIのビーストモードについて説明します。

F-35ライトニングIIA、B、Cの違い

F-35ライトニングIIシリーズの違いは、以下の記事をご参照ください。

比べてみよう:F-35ライトニングII、標準のA、STOVLのB、艦載機のC
F-35ライトニングIIには、標準型のF-35A、短距離離陸/垂直着陸可能なF-35B、空母艦載機F-35Cがあります。戦闘機として最も優れたF-35A、ステルス性などを共通化し用途に適した変更が加えられたF-35BとF-35Cについて、F-35Aを基準にその違いを説明します。

世界初のステルス機F-117ナイトホーク

世界初のステルス機として実戦投入されたのが、F-117ナイトホークです。

平面を組み合わせたデザインが特徴の機体を持ち、現在でも訓練などで使われています。

F-117ナイトホーク:今も現役スカンクワークスが作った初代ステルス
世界初のステルス機として実戦投入されたF-117ナイトホーク(Nighthawk)は、平面が際立つ独特の外観です。すでに退役となっていますが、2023年5月のノーザン・エッジ23などで今でも飛んでいます。スカンクワークスが開発したF-117ナイトホークを紹介します。

第5世代ステルス

F-35BライトニングII:艦載機もステルスより物量重視ビーストモード

ステルス機F-35BライトニングIIは、ミサイル等の武装をウェポンベイに格納します。ビーストモード(Beast Mode)とは、ステルス性よりも攻撃力(ミサイル等の物量)を重視した形態です。F-35BライトニングIIのビーストモードについて説明します。
第5世代ステルス

F-117ナイトホーク:今も現役スカンクワークスが作った初代ステルス

世界初のステルス機として実戦投入されたF-117ナイトホーク(Nighthawk)は、平面が際立つ独特の外観です。すでに退役となっていますが、2023年5月のノーザン・エッジ23などで今でも飛んでいます。スカンクワークスが開発したF-117ナイトホークを紹介します。
第5世代ステルス

F-35AライトニングII:ステルスより物量による打撃力ビーストモード

F-35AライトニングIIは、ステルス機なのでミサイル等の武装はウェポンベイに格納します。ビーストモード(Beast Mode)とは、ステルス性よりも攻撃力(ミサイル等の物量)を重視した形態です。F-35AライトニングIIのビーストモードについて説明します。
第5世代ステルス

F-35AライトニングII:ステルス戦闘機標準型の空軍タイプ

F-35AライトニングIIは次世代のステルス機で、F-16やA-10などの後継機でもあり同盟国にも提供されます。F-35シリーズには、F-35Aの他、艦載機のF-35C、垂直離着陸可能なF-35Bがあります。F-35Aについて米国空軍のWebサイトの情報から写真を使い紹介します。
第5世代ステルス

F-22ラプター:戦域での航空支配という新しい戦い方を実現

F-22ラプターは第5世代のステルス戦闘機です。F-15Eストライクイーグルが航空優勢(制空権)を獲得する最強の戦闘機とすれば、F-22ラプターはより広い範囲の戦域全体を支配する航空支配を実現する、F-15シリーズとは違う意味で最強の戦闘機と言えそうです。
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました